出版物の案内

書籍

  • 平成27年1月から申告が必要になるアナタのための相続税・贈与税申告書の書き方税理士法人HOP、司法書士事務所HOP 2014年2月 中央経済社

    日頃の活動を通じて日々多くの方々から相続税・贈与税に関する様々なご質問・ご相談を受けているHOPの税理士、司法書士が、その豊富な経験を生かし、平成27年1月以降の相続税法の大改正を踏まえた解りやすい解説書を皆様にお届けいたします。

    相続税・贈与税について現行法から改正法までを隈なく網羅しており、今まで「相続なんて我が家には無縁だ・・・」と思っていらっしゃる方にこそ、この本をご覧頂ければ目からうろこが落ちること間違いなしです。

  • Q&A 相続税大増税時代に備える"笑顔相続"のススメ 税理士法人HOP、司法書士事務所HOP 2013年9月 ぎょうせい

    平成27年の相続税改正を控えた今般、"笑顔相続"の実現のために今からできること、やらなくてはいけないことは何か?笑顔相続にために必要なエッセンスがこの一冊に詰まっています。

    本書では、税の軽減を目的とする「生前贈与」に、相続トラブルを生前に遺言で解決しておく「生前相続」をミックスし、税務はもとより、遺産分割や遺言、年金など、相続全般に関する知識のインプットと、事例形式による実際の活用方法のアウトプットを、経験豊富なHOPの税理士、司法書士がわかりやすく解説。

    巻末付録には、今すぐ書ける「笑顔相続ノート(エンディングノート)」を掲載しています。
  • リスク回避のための"生前相続"のススメ 税理士法人HOP、㈱アローズ・リーガル・サービス 2010年9月 ぎょうせい
    1.相続に関する様々な手続の準備を生前に進めておく"生前相続"を推奨し、トラブル回避の処方箋をストーリー仕立てで紹介しています。
    2.不動産を多く所有している人、寝たきりの親の面倒をみている人、中小企業経営者・後継者など、対象者をタイプ別に区分し24テーマを収録。相続人のタイプに応じた失敗事例・トラブル事例を挙げ、それぞれが抱える相続に関するリスクを洗い出し、その人に合った相続対策(=生前相続)を提案しています。
    3.各テーマは「リスク&トラブル」で具体的な事例を紹介、「解説」で基礎・周辺知識をまとめ、「生前相続対策」で解決策を提案という構成をとっています。
    4.税務はもとより、遺産分割にまつわる諸手続、葬儀の流れと諸費用、介護や医療など相続に関連して起こりやすい問題を、数多くのトラブル事例を経験してきた税理士、司法書士、社会保険労務士が分かりやすく解説しています。
  • Q&A『改正消費税の実務ポイントと対応策』 税理士法人林&小川パートナーズ 2004年2月 ぎょうせい
    事業者免税点や簡易課税制度の見直しにより、初めて消費税を申告する、
    または原則課税に変わる法人・個人事業者の必読書です。
    実務上特に留意すべきポイントを簡潔に、かつ有利な税務選択ができるように解説しています。
  • Q&Aとケース・スタディで身につく『相続時精算課税制度』 税理士法人林&小川パートナーズ 2003年9月 ぎょうせい
    平成15年税制改正の「相続時精算課税制度」を簡易に、かつセミナーなどで実際に出てきた質問を取り入れ、実務に役立つよう解説しています。各問題点に関連する条文を簡単に参照できるようにすることにより、財産承継にお悩みの方々及びこれらの方々にタックス・プランニングのアドバイスをされる専門家の方々の一つのアイディア集としてもご利用いただけます。

雑誌

  • 『税理 2013年12月号』ぎょうせい 「非嫡出子の相続分に関する最高裁決定を受けた遺産分割の見直しと課税関係」

    PDFを見る(1.8MB)

  •      
  • 『税理 2011年7月号』ぎょうせい 「キャンセル料の授受に伴う法人税・消費税の取扱い」

    PDFを見る(2.0MB)

  • 『税務弘報 2011年2月号』中央経済社 「[実務開設]事例で確認する!小規模宅地等の特例」

    PDFを見る(3.4MB)

  • 『税理 2009年8月号』ぎょうせい 「組合財産の共有と清算等に伴う問題」

    PDFを見る(1.9MB)

  • 『税務弘報 2009年5月号』中央経済社 「非上場株式等に係る相続税の納税猶予額の計算」

    PDFを見る(1.7MB)

  • 『納税通信 2009年1月5日』エヌピー通信社 「生命保険を活用した節税」

    PDFを見る(1.1MB)

  • 『税理 2008年4月号』ぎょうせい 「"異色"から"オールマイティ"へ関与先のあらゆるニーズに対応」

    PDFを見る(1.9MB)

  • 『速報税理 2007年4月21日号』ぎょうせい 「事業継承のコンサルは、通常業務の延長線上」

    PDFを見る(1.9MB)

  • 『税理 2005年10月号』ぎょうせい 「税理士の休日」(P139)
    税理士として日々忙しい仕事をこなしながら、そのストレスを発散させるために始めたキックボクシングへの"想い"を語る。

    JPGを見る

  • 『税務弘報 2005年7月号』中央経済社 実務解説『海外居住者が気をつけたい 相続・贈与税の留意点』(P71~)
    日本の相続・贈与税は、財産を受け取る側(相続人、受贈者)に対して課せられる税であるが、主にこの受けとる側が海外居住者である場合の国外財産に対する課税の取り扱いが平成12年の税制改正を機に大きく変った。最近の事案とともに、改正前後の内容を再確認してみたい。
  • 『税理 2005年5月号』ぎょうせい 『上場株式等の「1,000万円非課税特例」を適用する際の留意点』(P154~)
    平成15年から、上場株式等の譲渡益課税は申告分離課税に一本化されている。これに先立って、源泉分離の廃止による投資家の株式離れを防ぐため、平成13年の臨時国会においてさまざまな税制上の優遇措置が手当てされた。  税率の軽減、譲渡損失の繰越し、みなし取得費の特例などが主な改正項目だが、中でも特に注目されたのが「特定上場株式等の譲渡所得の非課税制度」といわれるものである。一定の上場株式等については、購入金額1,000万円までならどんなに利益があっても非課税に(以下、この特例を「1,000万円非課税特例」という。)なる。この「1,000万円非課税特例」の適用要件の一つである売却期間が今年1月から始まっているため、さっそくこの制度を活用しようと計画している投資家も少なくないだろう。そこで本稿では、「1,000万円非課税特例」の概要をQ&A形式で解説するとともに、適用に際しての実務ポイントを具体事例を挙げてわかりやすく解説しています。
  • 『速報税理 2005年3月21日号』ぎょうせい 特集「今話題の組合リース事業 ~17年度税制改正の規制措置でこうなる!!」(P26~)
    平成17年税制改正の組合リース事業について、
    1 組合リース事業とは、
    2 組合リース事業に対する税法上の規定
    3 組合リース等が問題とされた過去の判例・裁判例
    4 17年度税制改正による法規制とその影響
    5 節税商品に対する税務否認の問題点
    を詳しく、わかりやすく解説しています。
  • 『税務弘報 2004年8月号』中央経済社 ケース別 上手に薦める事業承継対策 ■後継者に自社株を生前に移転する場合(P14~)
    平成15年の相続時精算課税制度の創設や未公開株式の譲渡税率引き下げ等、金融証券税制の改正に伴い、単なる譲渡から、暦年課税による生前贈与、相続時精算課税制度による生前贈与まで、生前における財産承継方法が多様化されると同時に承継に伴う税コストも一般的には低くなってきた。このような最近の税制の動きを見た時、未公開会社のオーナーが如何に次世代に事業を承継していくかという事業承継を考える場合に、相続発生前=生前にどうしておいたらよいを、詳しくわかり易く解説しています。
  • 『税理 2004年6月号』ぎょうせい 税務否認を受けないための従業員持ち株会の設立・運営のポイント(P168~)
    昨年末、従業員持株会への株式移動をめぐって国税局から非違を指摘された事件が報道された。課税当局は、「従業員持株会の実態がない」とみなし、配当還元価額による評価を否認している(平成15年12月29日付朝日新聞朝刊)従前、中小企業では、名目的な従業員持株会の設立による株式評価減策なども散見された事などから、今後は、いっそうの注意を払って持株会の設立・運営にあたらなければならない。本稿では、このような事を踏まえて、従業員持株会を設立する際の株式譲渡価額の算定方法と発行方法等、税務トラブルを未然に防ぐための適正な設立・運営のポイントを検討・解説しています。
ページTOP