• 無借金経営が正しいと思っている
  • 今、いくら融資を受けられるか分からない
  • なんとなく節税と思って経費を使っている
  • 適正な役員報酬が分からない
  • 販促費でいくら使えるのかが分からない
  • 従業員を雇ってもすぐに辞めてしまう、定着しない
  • 内部留保が全然できていない

実は「発展する会社」と「倒産する会社」には財務の共通点があります。
財務は会社の今の現状がそのまま数値として表れているため、経営上の問題が見える化されています。

しかし、多くの中小企業経営者は、事業フェーズに合わせた費用投下の基準が分からないため、
経営力に大きな差が生まれるのです。


発展する会社は、どこにお金をかけるかが明確になっているため、
最短で事業拡大をすることができます。

つまり、経営者としての財務の「知識量」と「情報量」に差があるのです。

  • 経営者は常に経営判断をしつづけなければなりません。

    「人・金・時間」と呼ばれる経営リソースを踏まえて、自社の資金を「どう使うか?」「どう増やすか?」という判断が求められます。

    当然、採用すれば採用費用、集客を強化するなら広告費など、資金を投下する必要があります。

    そんな時、自社の『現在の状態』を正しく知らなければ、経営判断ができないのです。

実は、経営者自身が気づいていない『会社の穴』は意外とあります。

特に、自分の会社は上手く回っていると思っている人ほど、
すぐ後ろに迫るリスクに気づかないのです。

HOPグループの会社診断では、中小企業経営に必要不可欠とされる
5つの重要指標を独自に点数化し、経営上の課題を見える化することができます。

上図の5つの要素を、きちんと経営者が把握できていれば、
自社に必要な戦略を誤ることなく判断でき、結果として最短、最速で会社を成長
させることができるのです。

  • 事業として売上・利益の見通しが立てられる
  • 販促費、役員報酬が適切かどうか判断できる
  • 営業利益率が合格ラインが分かる
  • 自社がどのくらい融資を受けられるか
  • 会社がストップしたときの運転資金の期間
  • 幹部陣の育成と教育の進捗フェーズ
  • 経営理念やビジョンの浸透率
  • 月次決算にあわせた動き方が適切かどうか
  • 従業員満足度の見える化
  • 社員一人一人の生産性アップの課題
  • 企業フェーズに合わせたコンプライアンスとの向き合い方

HOPグループの成長企業診断では、中小企業が拡大するために必要不可欠なポイントがすべて網羅されています。
これから10年、20年と会社が持続していくためには、どこかにフォーカスするべきではなく、
経営に必要な要素全てに向き合う必要があります。自社が抱える問題点が会社診断で明らかになっていきます。

経営者にとって、最善の答えは1つではありません。会社が目指していく方向性、
市場の動向にあわせて、何を優先すべきか、追求していく必要があります。

  • また、この経営判断のスピードが
    お金や時間を節約し、最短距離で事業拡大に
    繋がっていきます。


    感覚で優先順位をつけ、間違った方向に進んでしまった場合、

    軌道修正のために、本来必要なかったお金と時間がかかってしまいます。

「士業」のスペシャリストがあなたの会社を診断

  • HOPグループは税理士、社会保険労務士、弁護士、司法書士、行政書士と、各士業の専門家が在籍しています。

    それぞれの専門領域を活かし、会社経営に必要な重点項目を可視化することができます。

診断項目は、会社経営に必要不可欠な5つの要素

  • 売上や財務に特化している会社診断は、他社商品でも代替がききますが、『従業員満足』『人事評価』『コンプライアンス』まで、診断できるのはHOPグループだけです。

    経営者が適切な判断ができる項目を全て網羅しています。

これまで1,000社以上の中小企業を経営参謀を担う

  • HOPグループはこれまで1,000社以上の中小企業の経営参謀として、経営者と一緒に市場戦略を考案してきました。

    ありとあらゆる業界をみてきたHOPグループだからこそ、適切な会社診断がおこなえます。

定量的かつ全て点数化された明瞭診断結果

  • HOPグループの会社診断は、会社の経営状況を判断できる要素、50項目以上を全て点数化しています。

    具体的な改善施策についても記載されているため、最適な経営状態へ戦略を打ち出すことができます。

診断期間2週間で事業戦略が立てられる

  • HOPグループの診断にかかる時間は、
    2週間です。

    診断結果では、各指標の優先度が判断でき、
    1年後、2年後と会社として取り組むべき内容が明らかになります。

通常、税理士、社労士、行政書士とそれぞれの専門家にコンサルを受ける場合は、おおよそ各20万円ほど必要です。費用を合計すると毎月100万円出費を考えておかなければなりません。

  • これだけの金額がかかるからこそ、経営者自身が財務をカバーしたり、社内の担当が色々な部署と掛け持ちしながら、会社運営さざる追えない状況が中小企業にはあります。

    HOPグループではこの状況を変えるために、この1度の診断で各士業が担当する分野を全て網羅している、この『会社診断』を開発しました。

本来はサービス単価50万円となりますが、
今回はリリース記念ということで、
10万円でこの成長企業診断を受けることができます。

この会社診断では、1つの企業に対して、税理士や社労士など各専門家がそれぞれ診断をしています。
それぞれクライアントを多数担当している人気コンサルタントばかりです。

そのため、正確に診断をさせていただくことも踏まえ、
お申込みを毎月先着5名限定とさせていただきます。

5名以上に達した場合は、キャンセルとなる場合がございますので、どうかご注意ください。

HOPグループは、中小企業を良くしたいという想いから、
経営参謀として多くの企業と一緒に、厳しい競争市場を戦ってきました。

会社経営を持続させていくためには、『人』『お金』『時間』の3要素を全て対策していかなければなりません。

また、コンサルタントとして企業と関わる以上、多方面から領域を全て網羅していく必要があります。HOPグループであれば(5つの士業)の分野から、最適な会社診断ができると考え、今回の商品開発に至りました。

ぜひ、最短最速で売上をあげたい、会社を10年、20年と永続経営をしていくために、HOPグループの成長企業診断を受けてみてください。

成長企業診断のお問い合わせは、お電話または下記フォームから承ります。
通常、フォームからのお問い合わせは2営業日以内にご返信させていただきますが、
お問い合わせ内容によっては回答に時間を頂戴する場合もございますので予めご了承くださいませ。
またプライバシーポリシーをご確認のうえ、お問い合わせください。


お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所必須
お問い合わせ件名必須
ご用件
プライバシーポリシーの確認必須