税務調査

税務調査は、事前準備と税理士の対応で結果に数千万円の差が出ることがあります。

税務調査に納得がいかない時は、異議申立て、不服審査、税務訴訟と進むのですが、税務訴訟の補佐人を務めた経験のある税理士は、ほとんどいません。代表の小川は200人の税務争訟の代理人を務め、名古屋高裁にて勝訴した経験があります。

税理士法人HOPでは、最終的に裁判で勝てるかどうかを考えながら、税務調査を対応出来しています。

HOPの税務調査
TAX INVESTIGATION

「税務署から税務調査の連絡が来た!」
多くの納税者は驚き、不安になることでしょう。
しかし、税務調査といえども必要以上に恐れることはありません。税務調査を恐れるあまり、普段の経営、営業に支障が出てしまうことこそ大きな損失です。
HOPは、以下のような流れで税務調査に立会い、納税者をサポートし、納税者の方に「安心」を与えることをモットーとしています。

事前の会計帳簿、契約書等の見直し

事前に『リスク』を把握できます。
*リスク・・・税務調査による追徴税額の概算を意味しています。

税務調査時の想定問答を実施

どんなことを聞かれるか、どのように受け答えすればよいかを準備できます。

税務調査時は税理士が側で対応

指摘事項について争いがあるときは、法令、判例を根拠に税理士が対応します。

調査終結までサポート

交渉代理はもちろん、調査の顛末に納得いただけるよう、是認、修正、更正、決定など専門的な手続きについても分かりやすくご説明しています。

税務調査に拘束される時間とストレス・不安は納税者にとって、決して良いものではありません。
税務調査を長期化させないためには、事実認定と解釈の間のもつれた糸を解きほぐし、「争うところは争う」、「指摘に従うところは従う」と整理していくことが肝要です。
HOPは、税務代理人として、または既存の顧問税理士のセカンドアドバイザーとして、納税者に寄り添ったサポートをいたします。

税務調査の事例紹介
税務調査の事例をご紹介しております。

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5614-8700
受付時間 平日 9:00~18:00

フォームからのお問い合わせ