税理士試験勝手に合格体験記パート8(最終回)

税理士法人HOPの春日井です。
私は工業高校を卒業して、名古屋で就職したものの仕事を頑張れる気になれず
それなら昔からやりたいと思っていたプロボクサーになろうと上京してリングにあがり
引退後は仕事しながら勉強して税理士試験に合格しました。

私が簿記3級の勉強をし始めた頃から税理士試験に合格するまでを
何回かに分けて連載致します。
少しでも税理士試験受験生の励みになればと思います。

私個人のブログを加筆修正しておりますのでオフィシャルな文章としては
ふさわしくない表現が多々ありますが、私自身のキャラクターも知って頂きたいので
できる限りそのまま掲載致します。ご了承下さい。

※前回のコラムを読んでない人は是非、前回から!少し長文なので時間がある時にでも

官報合格するまで編②

★税理士試験チャレンジ9年目(2018年8月)

12月の合格発表があり、相続税を残すのみとなった。
年明けから相続税の勉強を始めて、仕事も忙しかったが日曜日の講義なら時間が取れる
かと日曜日の午前午後の講義を受けた。
日曜日の午前午後の講義はとにかく眠い。特に午後一くらいの講義。
まじ眠すぎて何回か講師の先生にゴメンねと思いながら寝た(笑)

この年はビビッと1月くらいに『あ。今年俺受かるわ。』と、よく分からない感覚で
自信から確信に変わっていた(松坂世代ならではで、、、)
4月の試験日程を見た時に合格発表日が12/14と自分と妻(この時もまだ彼女です)の
付き合った記念日だった。
長く付き合いすぎて結婚するタイミングがなかったけど、この日に税理士に官報合格してプロポーズするしかないだろうと超燃えた!

試験当日は、試験の問題をみて10分でこれなら勝てると確信し、
この試験で俺は官報合格だな~と2時間ニヤニヤしながら解いた。
(隣の受験生の方、キモかったですよね。すんません。)

12/14 官報合格発表の日 8時30分が発表の時間だ。
職場に行く前に地下鉄を降りてスマホで確認。自分の名前、、、
あった~!!!!!!!!!
本当に嬉しかった。やっと終わった。長かった。
この日は半日くらい職場でも使い物にならなかった。
→日本全国の所長の皆様 この日だけは官報合格の職員が仕事しなくても許してあげて下さい!
官報合格の日の夜のプロポーズは言うタイミングが超悪く、妻が着替えながら『あ~はいはいお願いします』と、あしらわれながらOKをもらったがまあ御愛嬌って事で(笑)

最後に

誰からのオファーもないけど、簿記の勉強を始めてから税理士試験に官報合格するまでを
書いてみました。
今までの合格体験記を読んでもらえば、私が別に賢くないのは分かると思うし、
全然合格できなかったのに合格してから、わりとすんなりと合格できたのが分かると思う。
合格する為には努力し続ける事と、合格する為の『コツ』があるので
自分なりの合格する為の『コツ』を早く掴んでまずは会計科目の壁、
そして税法科目の壁をぶち破って1年でも早く合格してくれたら嬉しいです!

今年もコロナ禍で通常通りではないし、今まで通りの勉強ができないかもしれないが、
どうすれば合格するかをだけ考えて、試験当日まで全力で頑張って欲しい。
そして12月の合格発表で喜んで下さい!

『Good luck!』

(文責:春日井 智晴)

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5614-8700
受付時間 平日 9:00~18:00

フォームからのお問い合わせ